タイトル

  • サブタイトル

安全報告書:第37期(平成26年10月1日 ~ 平成27年9月30日)

ごあいさつ

 日頃から弊社の宝台樹スキー場、ほたか牧場スキー場、オグナほたかスキー場をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

 弊社では、「お客様に楽しさと100%の満足を」感じていただくため、お客様目線によるスキー場運営を心がけております。そのためにもお客様の安全確保がすべての基本であると考え、毎シーズンごとに策定する「冬期経営基本方針」の第一に「お客様の安全・安心」を掲げ、様々な取組を行っています。

 この報告書は、鉄道事業法第19条の4等の規定に基づき、索道輸送の安全確保のための取組や安全の実態について広くご理解をいただくために公表するものです。是非とも、皆様から、ご意見、ご感想をお寄せいただき、今後の安全な輸送に反映させてまいりたいと考えております。

 今後とも、弊社のスキー場をご愛顧くださいますとともにご利用くださいますようよろしくお願い申しあげます。

武尊山観光開発株式会社

代表取締役社長    遠藤 一誠


1 安全に関する基本方針

  • (1) 社長及び役員は、輸送の安全を確保するための基本方針や索道安全管理規程を定めるなど、安全第一の意識を持って事業活動を行える体制を整備します。
  • (2) 社長、役員及び従業員は、次に掲げる行動規範を実践し、輸送の安全を確保します。
    • ① 一致団結して輸送の安全を確保します。
    • ② 輸送の安全に関する法令及び規程をよく理解するとともに、これを遵守し厳正に職務を遂行します。
    • ③ 職務の遂行にあたり、推測に頼らず状況の確認に努め、疑義のあるときは最も安全と思われる取扱いを選択します。
    • ④ 事故・災害が発生したときは、人命救助を最優先に行動し、すみやかに安全適切な処置をとります。
    • ⑤ 情報は漏れなく迅速、正確に伝達するとともに、透明性を確保します。
    • ⑥ 常に問題意識を持ち、必要な改革を行います。

2 安全管理体制

 社長を最高責任者とする安全管理体制を次図のとおり構築し、各責任者の責務を明確にしています。

安全報告書

3 事故等の発生状況

  • (1) 索道運転事故(人身事故)はありません。
  • (2) 災害はありません。
  • (3) インシデント

4 安全確保のための取組

  • (1) 安全教育について
     輸送の安全性確保のためには、従事者の知識・技能の向上は勿論、そのための教育の充実等が重要と考えます。
     弊社では、シーズン営業前に、索道施設の取扱、乗客への適切な対応等について索道関係者合同基本研修会を開催するなど、安全教育を実施しています。
     また、シーズン営業中も定期的に実務研修等を実施し、安全輸送に対する意識の保持に努めています。更に、索道従事者を専門機関主催の各研修会等に参加させています。(下図)
    安全教育
  • (2) 緊急時対応訓練について
    緊急事態等訓練  シーズン営業前に、索道従事者全員による救助訓練及び予備原動装置取扱訓練を実施しています。(左図)
     また、シーズン営業中も随時、救助訓練等を実施し、索道従事者の技術等の向上を図っています。
  • (3) 安全のための投資について
     索道輸送の安全確保については、毎期、リフト収入の10%以上を索道施設の整備に充当し、計画的に取り組んでいるところです。
     具体的には、今期(37期)、宝台樹スキー場において、第7ペアリフトのワイヤー交換、第8クワッドリフトの握索機のオーバーホールや第9クワッドリフトの押送装置のオーバーホールを、ほたか牧場スキー場では、第5ロマンスリフトの握索機の交換、第6ロマンスリフトのワイヤー切詰や各リフトの索受装置の整備等を、オグナほたかスキー場にあっては、第2ロマンスリフトの減速機・電動機のオーバーホール、第4ペアリフトの緊張ユニットオーバーホールや第5ペアリフトのワイヤー交換等を実施しました。

5 弊社からお客様へのお願い

 スキー場はスノースポーツを存分に楽しむ場でありますが、他方、相応の危険を伴うスポーツの場でもあります。

 弊社のスキー場ではお客様の安全を守るため最善の努力をしておりますが、お客様におかれましても、ご自身の安全のため、また、他のお客様の安全のためにも次の事項に十分ご注意なさいますようお願い申し上げます。

  • ① スノースポーツは危険を伴うスポーツであることを自覚しましょう。
  • ② スキー場管理区域内の決められたコース・ゲレンデを守って滑走してください。スキー場管理区域外での事故発生に関して、スキー場管理者は一切の責任を負いません。
  • ③ 自分の体調・能力、地形・雪、天候の状況、自然・人工の障害物の状況等を見極め、危険を回避し、コースや滑り方を選び、安全なスピードで滑走してください。
  • ④ 周りに注意し、他のスキーヤー・スノーボーダーへの配慮をお願いします。
  • ⑤ スキー場にある表示・標識等に注意し、それらや係員の指示などに従ってください。
  • ⑥ リフト乗車中は、必ずセーフティバーを降ろしてください。
  • ⑦ リフト搬器の座板やフレームなどに、衣服や携帯品をはさまないよう注意してください。
  • ⑧ リフト乗車中は、搬器を揺らしたり、飛び降りたりしないようにしてください。
  • ⑨ リフト降車時には、スキーやスノーボードの先端を上げ、降車位置にまっすぐに向かって降車してください。
  • ⑩ 怪我防止のためヘルメットを着用してください。特に、パークを利用する際は必ず着用してください。
  • ⑪ スキーやスノーボードの流れ止め装置(リーシュコード等)をつけてください。

ページトップへ